ホワイトニング

0465-35-8211

「小田原市役所」より徒歩1分

診療時間
9:30 ~ 12:30 /
14:30 ~ 18:30 /
  • ▲ 15:00〜19:00
  • ◆ 14:00〜17:30
  • 新着情報を確認
  • 無料メール相談
  • 24時間WEB予約
キービジュアル

白く綺麗な歯は、
すてきな「笑顔」をもたらします。

手軽に白くする方法もあれば、
こだわって白くする方法もあります。

歯の状態、ご希望を伺い、
あなたに適切な治療法を
ご提案いたします!

歯を白くする方法は「いくつか」あります!

院長

歯を白くする方法はいくつかあります。
薬剤を利用した「ホワイトニング」、白いセラミックを利用した「被せ物治療」、虫歯予防をしながら本来の歯の色を取り戻す「クリーニング」、歯の内部の変色を改善させる「ウォーキングブリーチ」など。

それぞれご紹介します。

黄ばんだ歯を「薬剤」で理想の白さへ

薬剤で歯を白くする方法を「ホワイトニング」といいます。
ご自宅で行う「ホームホワイトニング」と歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」があります。それぞれ特徴がありますのでご紹介します。

自宅で行うホワイトニング-
「ホームホワイトニング」

概要

歯科医院でホワイトニング用のマウスピースを作製し、それにホワイトニング剤を入れ、ご自宅で行うホワイトニングです。

  • 歯の色の確認

    診療、歯の色の確認

  • 専用マウスピース

    専用マウスピース(薬品を入れるための装着具)を製作

  • 歯のクリーニング

    歯のクリーニング
    自宅での使用方法の説明

  • ホワイトニング

    自宅にて、マウスピースを用いてホワイトニング

特徴

オフィスホワイトニングと比べ、白くなるまでに時間がかかり、白さの度合も若干落ちてしまいますが、白さの持続期間がオフィスホワイトニングと比べ長いのが特徴です。

ホワイトニング剤

当院では、株式会社GCの「TiON(ティオン)ホワイトニングシステム」を採用しています。TiONには次のような特徴があります。

取り扱いやすいジェル性状

TiONのホームホワイトニング材はジェル状なので、マウストレーに注入する際流れにくく、また、温度・湿度の高い口腔内でも流れにくいので、快適に扱えます。

ソフトなトレーシート

お口にはめていただくマウスピースは、柔軟性がありソフトな材質でできているため、違和感が少なく長時間のホワイトニングも快適に行えます。

  • 治療前
  • 治療後

※ホームホワイトニングで治療したケース。
治療中に滲みたり、
治療後は徐々に色戻りしてくるリスクがあります。

施術の流れ

1.

当院ではすぐにホワイトニングは行いません。なぜなら、虫歯や歯周病があると、治療時の痛みの原因となったり、治療効果が低減することがあるためです。虫歯等がある場合はまずはその処置から行います。

a

2.

歯型を採り、患者さんの歯並びに合ったマウスピースを作ります。

b

3.

そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅していただきます。

c

4.

変色の程度にもよりますが、指定時間・指定期間続けしていただきます。

d

歯科医院でのホワイトニング-
「オフィスホワイトニング」

概要

光に反応するホワイトニング剤を歯に塗り、歯科医院にて施術を行います。

  • 歯の色をチェック

    治療前の歯の色をチェック

  • 歯のクリーニング

    歯のクリーニング、歯垢、歯石、着色の除去

  • 薬剤を塗り光を当てる

    白くしたい歯に薬剤を塗り光を当てる

特徴

ホームホワイトニングと比べ、白さの度合いが高く、かつ短期間で理想の白さが手に入りますが、白さの持続期間は短いのが特徴です。

ホワイトニング剤

オフィスホワイトニングでも「Tion」を利用します。次のような特徴があります。

滲みにくい

一般のオフィスホワイトニングでは、ハロゲンランプやプラズマランプの光源と薬剤の「熱反応」で白くしていたのですが、これが直接的な痛みを生みます。しかし、Tionホワイトニングではワンクッションとして、光触媒の薬液を塗布してからLEDライトによる「光化学反応」で白くするため、「しみる・痛い」を軽減できます。

「光沢」のある自然な白さを引き出します

薬剤の成分で歯の表面がツルツルになり、透明感・光沢のある自然な白さを引き出します。また歯質が強化され、着色や汚れも付きにくくなる効果もあります。

  • 治療前
  • 治療後

※オフィスホワイトニングで治療したケース。
治療中に滲みたり、
治療後は徐々に色戻りしてくるリスクがあります。

施術の流れ

1.

当医院にて歯石の除去等を行い、お口の中をキレイに清掃します。

オフィス1

2.

歯を白くする薬剤を塗り、特殊な光を照射して薬剤を除去します。
この流れを2~3回繰り返します。

  • オフィス2
  • オフィス3
  • オフィス4
3.

歯の色を確認(シェードチェック)して終了です。

オフィス5

歯の「色と形と歯並び」をセラミックで改善

  • 治療前
  • 治療後

「歯を白くする=ホワイトニング」と思われがちですが、実は白いセラミック素材を利用した被せ物治療も存在します。ホワイトニングと比較し次のような特徴があります。

ホワイトニング

ホワイトニング

治療方法 薬剤を反応させて歯を白くします。
効果 時間が経過すると後戻りします。
稀に知覚過敏の症状が出ることがありますが、すぐに治ります。
他の効果 特になし

セラミック治療(被せ物)

審美

治療方法 セラミックの詰め物・被せ物を利用します。ホワイトニングと異なり、歯を削る必要があります。
効果 白さは長期間持続します。
他の効果 歯の形、歯並びも同時に改善できます。

歯の「内部の変色」を綺麗に‐ウォーキングブリーチ

  • 治療前
  • 治療後

※内部の変色を治療したケース。
薬剤による発生ガスが原因で
痛みを感じる可能性があります。

歯には象牙質と呼ばれる部位があり、その部分が変色すると歯の内部に色がつきます。
原因は様々ですが、主に歯の神経が死んでしまうとこの現象が生じることが多いです。
治療法としては、歯の内部に薬剤を入れ着色を除去していきます。

コラム:黒ずんだ「歯茎」をピンク色にする-
ガムピーリング

  • 治療前
  • 治療後

※歯肉の黒ずみを除去したケース。
稀に処置中痛みを感じることがあります。
また着色しやすい生活習慣(タバコ・紅茶など)
の場合、治療後に黒ずみが再発することがあります。

歯茎の黒ずみを除去できることはあまり知られていません。
黒ずみを除去することで、以前のような健康なピンク色の歯肉になります。
当院ではレーザーを活用し、歯肉の黒ずみ除去を行っています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

電話0465-35-8211

住所

〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪307 飯塚ビル3階

このページの先頭に戻る